安易にお金を借りることはよくないです

現在、平凡な生活を送る中年男ですが、実は以前に、キャッシングをした経験があります。最初の一歩は、ほんの軽い気持ちから借り入れしたのですが・・・

キャッシングした理由は、自分で言うのもなんですが、基本、社交的な性格のため、飲みに行ったりすることも多く、生活資金が足りなくなったからです。

そこで消費者金融からお金を借りたのですが、当時国道沿いには多くの無人契約機が存在していて、簡単にカードを作成することができました。画面に向かって申し込み手続きをおこなったときは、すごく緊張したことを今でも憶えています。

最初は10万円だけ借りたのですが、驚いたのは返済金額です。何故なら思っていたよりも少なかったからです。それがいけなかったんですね。それから私がキャッシングに陥っていくのはすごく簡単でした。

必要になればすぐに借りてしまい、気がついたら結構な借金の額になっていました。それでも当時はあまり深刻になっていませんでした。多くのテレビCMなどが流れていましたし、何となく世の中全体がキャッシングに寛容な雰囲気となっていましたからね。

少なくとも私自身はそう感じてしまい、借金自体を安易に考えていたのです。そんなときにピンチが訪れました。何と利用していた消費者金融がサービスを停止したのです。

これには本当に困りました。すでにその時には借入しては返済するを繰り返していたところがあったからです。そのためにもう一社からお金を借りてしまいました。

返済するために別のところからお金を借りれば借金は減るところか増えるだけですし、返済金額も利子が多くをしめていたため元本はなかなか減りませんでした。

それでも給料の多くを返済にあてたことで何とか1社目を完済し、借金は最初の1社のみになりました。しかし、人間というのは現金なものです。その当時釣りにはまっていたのですが、どうしても欲しい竿とリールがあったためクレジットカードを作って購入してしまったのです。

さすがにキャッシングの返済中でしたのでカードは作れないと思っていたのですが、借金があってもクレジットカードは作れました。なぜ作れたかについてはカード会社の審査にもよるようですが、駄目もとでしたのでちょっとびっくりしました。

やっと1社の返済が終わったというのに、クレジットカードの返済が増えたわけですが、ほんとうにお金がピンチで苦しい月も乗り越えて、2年かけて何とか消費者金融の返済を無事に終えることはできました。

つい出来ごころでお金を借りてしまったことが、長い返済ロードへと繋がったわけですが、さすがにこたえましたね。それからというもの、お金がピンチだといっても消費者金融は利用しないようにしています。